PHPの作者、ラスマス・ラードルフ

PHPの作者、ラスマス・ラードルフ氏が来日してるらしい。
技術評論社のサイトに掲載されているインタビューが凄く面白い。
http://gihyo.jp/news/report/2015/12/1401

PHPは他の言語ユーザから批判される事多いけど、個人的にはスクリプト言語の中では一番好きだ。
(コンパイル型の言語も含めれば、C#だけど。)
PHPに、HTTPリクエストデータ(クエリパラメータとか)を参照する為の変数$_REQUEST、セッション情報を管理する為の変数$_SESSIONが導入されたのは、PHP4.0やPHP4.1からだったはず。
凄いのは$_REQUESTや$_SESSIONを単なる連想配列にしたという事。しかも、何の手続きも宣言もなしに、プログラム内のどこからも呼べるスーパーグローバル変数。
普通の言語作者なら$_REQUESTや$_SESSIONをオブジェクトにしていたはず。
PHP4.0がリリースされた2000年位にはすでに「オブジェクト指向=格好いい、正義」という風潮が存在していたから。これをきっぱり拒絶してる。凄い。
もしPHPが$_REQUESTや$_SESSIONをオブジェクトにしていたら、現在のPHPの成功はなかったろうと思う。
困ったらprint_r($_REQUEST)すればいい。それで問題はたいていの場合、解決する。
もし、それで解決しないような難しい問題なら、そもそもスクリプト言語みたいなアドホックな手段を選択した事こそが間違いと思う。
ラスマス・ラードルフ氏のプログラミングに対するアプローチ。大いに共感する。

フィリピンに行ってきた (4)

ph06

セブのITパーク周辺には2つの大きなショッピングモールがある。アヤラモールとSMモール。
ここはアヤラモールのスポーツ用品売り場。
この写真でも分かるように、フィリピンで一番人気があるスポーツはバスケットボールのようだ。街でバスケのスポーツシャツを着てバスケをしてる子供をよく見た。
女性はバトミントンは好きなようで、ラケットがたくさん売ってた。
他にバレーボールやサッカーボールも売ってた。

ph07ph08



家電売り場はサムスンやLG、名前を知らない中国メーカーの製品が多かった。テレビはソニー製も多少あった。
テレビやPCの価格は日本の価格とほぼ一緒か、安く売ってる所を探せば、日本の方が安いくらいだった。
ただ、中古だったんだろうか、旧式のブラウン管テレビが安く販売されていた。安いと言っても、1995ペソ=5000円なので、この値段で日本で買う人はいないだろう。

ph09

フィリピンに到着したのは11月1日だったが、現地ではハロウィンが終わると一斉にクリスマスモードに切り替わる。ショッピングモール内はクリスマスのデコレーションがされてて、店員もサンタ風の装いで揃えてた。
クリスマスツリーの売り場は大きく取ってあり、お金持ちの家ほど巨大なツリーを買うのだとか。フィリピン、セブは年間を通して気温30度くらいある。現地の人に雪を見たことはあるかと聞いたら、写真で見たことあると言われた。

フィリピンに行ってきた (3)

フィリピンのファストフードショップが日本と違うのは、ライス!
マクドナルドでコンボセットを頼むと、ハンバーガー、ポテト、チキン(ここまでは日本と同じ)に加え、ライスが付いてくる。
ケンタッキーやピザショップでも同じ。
フィリピン人はとにかくライスが大好き。ライスというより、炭水化物が大好きで、マクドナルドのメニューにはスパゲティもある。
フィリピン人に聞くと、炭水化物過多の自覚はあるようで、不健康なのは分かっている。けれど、止められないらしい。
男女共に明らかに日本人より食べる量が多い。

ph04

ph05

フィリピンに行ってきた (2)

フィリピンと言えばJollibee。
現地ではマクドナルドより人気があるハンバーガーショップ。至る所に店舗がある。
店の入り口に必ずあるマスコットのJollibee君?がとてもいい。
タクシーの運転手さんにJollibeeの事を聞いたら、教えてくれた。
Jollibeeはいつもみんなに微笑んている。疲れたり、つらくなったら、Jollibeeに会いに行けばいい。例え君が客でなくとも、Jollibeeは笑顔を向けてくれる。
味は普通だったけど、Jollibeeはとても気に入って、お店でJollibeeグッズを探したけど、売ってなかった。
日本に帰ってから、フィリピンのユニクロにはJollibeeのTシャツが売ってる事を聞いた。ユニクロにも行ったのに。
欲しかった。それは後悔。

ph02ph03