世間の話題に追随 (1)

最後に毎週見てたテレビ番組はテレビ朝日の検索ちゃんとNHKの爆問学問で、もう数年も前になる。
やはりテレビを見なくなると世間の話題に疎くなってきた。
別に最新の流行に興味はないけれど(河島英五の時代おくれは良い歌だと思う)、全く知らないのもどうだろう?、世間の話題に少しは追随するのも肩の力が抜けた生き方だろうか。
そこで。

とりあえず、近年何となく噂を耳にしていた漫画を買ってみた。
1つは諫山創の「進撃の巨人」。
これは以前から本屋に行くとレジ近くに陳列されていたり、どこかのニュース記事とか話の端で知っており、読んだ事はないが凄く面白くて人気があるという認識があった。
1巻から最新巻の8巻まで読んでみた評価は、結構面白い、といった所。
雰囲気が岩明均の「寄生獣」に似てるような気がする。

もう一つ、真鍋昌平の「闇金ウシジマくん」。
社会性のある、リアルな描写の漫画という認識はあって、同じく消費者金融業者を主役にした青木雄二の「ナニワ金融道」みたいな漫画なのかなと思って読み始めたのだけれど、どうも違うぞという印象を受けた。
「ナニワ金融道」がテクニカルな面も含めて消費者金融という商行為そのものを描いていたのに対し、「闇金ウシジマくん」は闇金業はストーリーテリングの為の道具で、胆は闇金を利用客の人間性の描写なのかなと思った。
「闇金ウシジマくん」には「奴隷くん」「若い女くん」「バイトくん」「ゲイくん」「ギャル汚くん」という様々な利用客が登場し、利用客の人間性、その人間が今に至る社会背景がリアルに描かれてる。
漫画というより、ルポルタージュのように思えた。

ところで「闇金ウシジマくん」は今の所25巻まで刊行されており、自分は今7巻まで読んだ。
近所の本屋に8巻を買いに行った所在庫を切らしており、これから後18冊読むのかと思うと、もういいかなという気分になってる。

Kindle

KindleでJavaの本を買ってみた。
KindleはAmazon社が提供している電子書籍サービスで、同名の専用端末を持って無くても、PCやiPadに専用アプリを入れる事で読む事が出来る。
日本ではまだサービスを展開してないけれど、アメリカのAmazonのウェブサイトにアクセスすれば簡単に書籍の購入ができた。
Javaの本なので、PCで本を読みつつ、Eclipseを起動してサンプルコードをコピーアンドペースとしようと…しても出来ない。
電子書籍だからテキストをコピー出来なくなっている。
コード部分だけでもコピー出来るといいんだけど、仕方ない。
スクリーンキャプチャは撮られた。

『日本の難点』 宮台真司

宮台昨日から『日本の難点』を読み始めた。
「宮台真司」と「宮前真樹」ってちょっと似てるなと思って、当ブログに張ろうと宮前真樹の画像をGoogleとBingで探してみたけど、ほとんど見つからなかった。
よく見なおしたら、漢字が2文字同じだけで、読みは違うし、大して似てない事に気づいて、どうでもよくなった。

(日々の疑問3) ベルセルク 35巻

最新刊を買って、読む度に思う。
この漫画、いつ終わるんだろう?

Wikipedia ベルセルク (漫画)より

20年以上に渡る長期連載作となっているが、世界観は拡大の一途を辿り、一向に終結する気配を見せない。さらに休載期間が数ヶ月に渡ることも度々だが、その間も作者は過労となるほどの執筆作業を続けている。また、作者が『ヤングアニマル』誌の巻末コメントで自身の体調に関する不安を度々述べており、作者自身から「死ぬまでに頭の中を全て出せるのか」など完結に対する危惧が述べられている。

berserk35

『世界は分けてもわからない』 福岡伸一

今、福岡伸一の『世界は分けてもわからない』を読んでいる。
福岡伸一は、何年か前に爆笑問題がやってるNHKの『爆問学問』のゲストで初めて見た。
爆問学問はずっと見てるけど、凄い博識で話しが面白くて、この回は強く印象に残ってる。
この放送を見た後、この本の前著である『生物の無生物のあいだ』を買って読んだ。
非常に面白かった。
この本も前著も、生物学の解説なのにストーリーテリングになってるのが凄い。複線があったりして話が展開してる。

世界は分けてもわからない

『日本辺境論』 内田樹

内田樹の『日本辺境論』を最近読み終わった。
ベストセラーだけれど、勝手な解釈で論を進めていくような感じがして、自分にはあまりしっくり来なかった。
この人の本だと『寝ながら学べる構造主義』は好きで、何度か読み直したぐらいなんだけれど。

日本辺境論

Rails3 @ WEB+DB PRESS vol.58

WEB+DB PRESSを買って読んでるけど、Rails3について熱く語ってある。
表現が大げさな気が。

ウェブアプリケーションの開発手法ってもうかなり確立されてて、いまさらフレームワークに求める新しい機能ってないように思える。
・リクエストを振り分けるコントローラクラス
・コントローラクラスから呼び出されるテンプレートエンジン
・コントローラと独立したモデルクラス
これらのクラスの構成が整理されていればそれでいいと思う。
後は、
・ORマッパー
・開発用のミニHTTPサーバ
・サンプルファイルを作るscaffold
・Formビルダークラス
・設定ファイルロード処理
・ロガー
等は開発の好みで、あってもなくてもいいと思う。
フレームワークに内蔵しなくても、フレームワークに依存しない汎用的なライブラリを使えればいいかと思う。

イベントドリブンなASP.NETのようなのもあるけど、PerlやPHPのLL言語の最近のフレームワーク、ウェブアプリケーションの開発手法は、この辺の事を意識して作られてるので、どのフレームワークも大差なく見える。

SIGHT – 小沢一郎特集

昨日本屋で買ってきた。
内田樹が小沢一郎について高橋源一郎と対談してるのが目当てだったんだけど、そこはあまりピンと来なかった。けど、他の所が面白かった。
この雑誌って、ロッキングオンの渋谷陽一の雑誌なんだ。
なんかこう分かる気がする。今さら音楽って時代じゃないというか。他のサブカル系の雑誌もお笑いばっかり特集してるし。

sight

ドストエフスキー『罪と罰』のしおり

ドストエフスキーの『罪と罰』を読んでる。
ここ何ヶ月かは現代史や思想系の本をよく読んでる。他に小説も結構読む。小説は流行ってるのをなんとなく読んでる。
NHKの『爆笑問題のニッポンの教養』という番組で、去年の秋頃、亀山郁夫という人が出演した回を見た。
『罪と罰』を翻訳し直した人で、よく売れてて話題になってるらしい。
それから気になっていたけれど、最近になって買って読んでみた。

この本に付いてきたしおり、ちょっと変わっていて、主要な登場人物の名前と小説中での略歴が書いてある。
外国の小説を読んでると、登場人物の名前をすぐに忘れて困る。
外人の名前はなじみがなく、名前から男女の区別も付きにくいので、久しぶりに登場した人物だと、あれ?誰だっけ?という事がよくある。
これはとても助かる。

dosto