ハリーウィンストンのドアマンって苦行じゃないだろうか?

銀座のハリーウィンストン。客が入って行くのを見たことないんだけど、ドアにはドアマンが立ってる。
上顧客だけ相手にしている商売だから、客が一人も来ない日も結構あるのではと思う。
ドアマンって1日中ただじっと立ってるだけ。これはもう苦行と呼んで良いのは?

もう随分前だけど、知り合いの女性がハリーウィンストンを見に行ったと言ってた。
今は知らないけど、当時は完全予約制だったらしい。
店員さんがいろいろ見せてくれたけど、当然ながらどれも高価で、これなどお手頃でお若い方にオススメですよと勧めてくれたネックレスが100万円だったって。
何も買わなかったけど、帰りにお土産をくれたらしい。

harrywinston

シャツをコーダ洋服工房で直した

昔(10年近く前だと思う)、代官山の古着屋で買ったシャツで、最近着るには襟が大きすぎると思ったので、直しに出していた。
池の上にある「コーダ洋服工房」という割と有名な洋服直しの専門店。
随分前に仕上がっていたけど、昨日ちょうど暇な時間が出来たのでやっと受け取りに行った。
下の写真が直し前と後。
そんなに極端には違わない。

shirts1 shrits2

近所で長瀬智也を見た!・・・ような見てないような

2-3週間前くらいに近所を歩いていると、前から人が来ていて、すれ違い際に相手の顔がちらっと見えて、あれ、長瀬智也?
長身で180cm以上は確実で、髪はポマードみたいなので全体的に後ろに流していた。
胸にワッペンが付いたブルゾン(TENDERLOINだったような気がする)を着て、ごつ目のブーツを履いて、セルロイドとメタルのコンビのメガネを掛けてた。
要するにTVや雑誌で見た感じそのまま。
あっと思って振り返ったけど、もう後ろ姿で分からなかった。
追いかけていって、確認しようかなとも思ったけど、さすがにそれは止めといた。
果たしてあんな所を一人で歩いてるものなんだろうか。
今となっては知るすべがありません。

もう10年くらい前、山手線の電車の中で、あき竹城と思われる人を見た。
あき竹城かな?と思ってると、しばらくして連れの人と話を始めて、会話が韓国語だった。
あき竹城によく似た韓国人で、あき竹城じゃなかったみたい。
どう見てもあき竹城だったんだけど。

どうしてこのコンタクトレンズケース売ってないの?

自分は(今どき珍しいらしい)ハードコンタクトレンズを利用者で、レンズケースはこれを使ってます。
赤と青の部分のキャップを外すと、先が欠けた輪っかで、そこにレンズを装着して保存する。
このケースをもう15年くらい使っているけど、このタイプのは今はどこにも売ってない。見たことない。
筒型で左右の端がキャップのタイプか、キャップの装着具がなくてケースの窪みにレンズを載せるタイプか、どちらかしかない。
どうして?最高に便利なのに。
さすがにプラスティックにヒビが入ったりして、いつまで使えるか不安。
もし売ってたら、1万円出しても買うと思う。

contact-case

ノンフライ枝豆スナックは言うほどカロリー低くない(騙された)

無印良品に行くと無印週間で10%オフをやってた。
お菓子を探していると、ノンフライ枝豆スナック。100kcal。
ヘルシー、これいいじゃん。
買おうかなとパッケージの裏を読んでみると、4袋入りで合計すると普通に400kcal。
これ全然良くないじゃん。

muji

AmericanApparel The 50/50 Shirts

ようやく家の中ならTシャツ1枚で過ごせる季節になった。
近所のAmericanApparelで「The 50/50 Shirts」というポリエステル50%綿50%のTシャツを3枚買ってきた。
本当は綿100%の下着しか着ないのだけれど、このTシャツだけはポリエステルが混じっていても気にならない。
洗濯するとすぐに毛羽立つのが弱点だが、柔らかくて着心地が良く、定期的に買い換えている。

americanapparel

親にマジ感謝

iPodのバッテリが劣化してすぐに切れてしまうので使わなくなってた。
最近PSPでAAC(iPodの標準音楽フォーマット)のファイルを再生出来る事を発見。
PSPで音楽聴いてる。
新しい曲は知らないので、古い曲しか聴いてない。Dragon Ashとか。
それまでって歌と言えばラブソングとかそういうのばっかりだったけれど、Dragon Ashって親にマジ感謝とかって歌詞にし始めて、当時非常に斬新に感じたものです。

psp

就職活動

先日コーヒーショップにいると、隣の席にグループがいて、どうやら就職活動してる女子学生とOBの商社社員2人という事らしい。
その商社に入社できるように、エントリーシートや面接の話し方について指導されてた。
話し方がイライラさせるとか、とにかく全部ダメって感じで。
きっと御説ごもっともなんだろう。
自分だったら耐えられない状況だなと思った。
で、幸運な事に自分の職業は自営業なわけですが、先日やっと確定申告が終わった。
今年こそ早めに取りかかろうと思っても、いつもギリギリになってしまう。
この感じ、小学生の頃の夏休みの宿題に似てる。

珈琲館

特別詳しくはないけれど、珈琲館のコーヒーは旨いと思う。
数年ぶりに珈琲館でコーヒーを飲んでみて改めてそう思った。
うちの近くに珈琲館があれば毎日通うのに。
ところで、銀座にあるル・シャボテというフランス料理の店のコーヒーも旨い。
食後にコーヒーか紅茶か選べるけれど、必ずコーヒーを頼む。
エスプレッソ風のコーヒーに砂糖とミルクをたくさん入れて飲む。
食事よりコーヒーの方が目当てかも知れない。

coffee

ドストエフスキー『罪と罰』のしおり

ドストエフスキーの『罪と罰』を読んでる。
ここ何ヶ月かは現代史や思想系の本をよく読んでる。他に小説も結構読む。小説は流行ってるのをなんとなく読んでる。
NHKの『爆笑問題のニッポンの教養』という番組で、去年の秋頃、亀山郁夫という人が出演した回を見た。
『罪と罰』を翻訳し直した人で、よく売れてて話題になってるらしい。
それから気になっていたけれど、最近になって買って読んでみた。

この本に付いてきたしおり、ちょっと変わっていて、主要な登場人物の名前と小説中での略歴が書いてある。
外国の小説を読んでると、登場人物の名前をすぐに忘れて困る。
外人の名前はなじみがなく、名前から男女の区別も付きにくいので、久しぶりに登場した人物だと、あれ?誰だっけ?という事がよくある。
これはとても助かる。

dosto

2月か…

近所のフレッシュネスバーガーでお茶を飲みながら、
今年も1ヶ月が過ぎた。明日からもう2月か、時間が経つのは早いものよ。
と物思いに耽っていたら…、大事な事を思い出した。パルコの商品券の有効期限が1月末までだった。
危うく1000円損する所だった。この後、パルコに行って、文庫を2冊買った。

parco-card-shopping-ticket

お昼はあっぱれ誠三郎

道玄坂にある「あっぱれ誠三郎」でよく昼食を食べる。週に1回は確実。
料理もおいしいけれど、それ以上に店員さんの愛想がとても良く、気持ちいい。
いくつかメニューが選べて全て1000円(割引コインを持ってれば100円引き)。
ちょっと高い?
今はデフレで何でも安ければそれでいいという時代だけれど、サービスの良さを評価する価値観が広まって欲しいもの。
ご飯と汁物のお代わりは自由で(ご飯はいい米で炊きたて作り置きじゃない、味噌汁はきちんとダシがとってありインスタントのように臭くない)、たくさん食べたい男性にマル。
洒落た内装で席はゆったりしていて、トイレはとても清潔、女性にもGood。
オススメです。

seizaburo

覆面レスラー = ルックスの悪いレスラー

明けましておめでとうございます。

プロレスの、覆面レスラーという存在についての話です。
プロレスにはセオリーがあって、覆面レスラーは基本的にルックスの悪い人がなるものです。
また、エースレスラーはそこそこ顔がイケてなければいけません。
顔が悪い時点でそのレスラーはエースにはなれない事が決まってます。
これはプロレスが「プロ」のスポーツである以上は仕方ないです。

けれど、仮に不細工だからって悲観する事はなく、実力を身につければ違った形で存在をアピール出来ます。
藤原喜明などが覆面じゃないけれどその典型です。
例えば、実力のないエースレスラーが調子に乗っていて、自分を下に見るような行為をしたら、試合で潰せばいいんです。
試合前に勝敗が決まってるタイトルマッチでも、こてんぱんに痛めつけて強さを見せつけ、最後だけ勝ちをひょいと譲ってあげる。
実力を分からせれば、そのエースレスラーももうそういう行為はしなくなります。
実際、たまにそういう試合があり、制裁マッチなどと呼ばれます。

ちなみに、もう少し踏み込んで言うと、上のような状況なので、(その団体で最強とまでは行かなくても)そこそこの実力がなければエースは務まりません。
リング上で嘗められっぱなしではエースとして持たないので。

で、何が言いたいかというと、プロレスというのは、全員野球という事です。
そのレスラーにはそのレスラーに合った役割があります。
実力のない見た目重視のレスラーは実力のあるレスラーをリスペクトすべきだし、不細工なレスラーは客を呼んでくれるグッドルッキングなレスラーに感謝すべきです。
そして、プロレスに限らず世の中そういうものだろうと自分は思います。