標準偏差 - stddev_pop stddev_samp

前提

CREATE TABLE t6 (id int, n int);
INSERT INTO t6 VALUES (1, 90), (2, 80), (3, 40), (4,60), (5, 90)
SELECT * FROM t6;

 id | n
----+----
  1 | 90
  2 | 80
  3 | 40
  4 | 60
  5 | 90

この例での標準偏差を求める

deviation-value-202005.png
  • 平均値は 72
  • 標準偏差は 19.39071 と求まった

stddev_pop() - 母標準偏差

SELECT AVG(n), stddev_pop(n) FROM t6;

         avg         |     stddev_pop
---------------------+---------------------
 72.0000000000000000 | 19.3907194296653161

stddev_samp() 標本標準偏差

SELECT stddev_samp(n) FROM t6;

     stddev_samp
---------------------
 21.6794833886787994

母標準偏差と標本標準偏差の違い

つまり簡単に特性だけ述べると

stddev_pop(標準偏差): 遅い、正確

stddev_samp(標本標準偏差): 速い、不正確

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2020-05-21 (木) 08:00:53