リモート接続の有効化

リモート接続の有効化

PS C:\Windows\system32> Enable-PSRemoting
WinRM は要求を受信するように更新されました。
WinRM サービスの種類を正しく変更できました。
WinRM サービスが開始されました。

WinRM はリモート管理用に更新されました。
WinRM ファイアウォールの例外を有効にしました。
  • Enable-PSRemotingコマンドレットを実行する。
  • コマンドレットを実行すると、Set-WSManQuickConfigなど必要な処理がすべて行われる。
  • WinRMサービスが起動され、ファイヤウォールの設定が変更され、WS-MANのためのポートが開かれる。

リモート接続の実行

PS> Enter-PSSession -ComputerName myremote-pc1 -Credential mydomain\administrator

WinRMのポートを変更する

Winrm set winrm/config/listener?Address=*+Transport=HTTP@{Port="1234"}

PowerShellリモーティングはドメインネットワークで行う

  • PowerShellリモーティングでは、対象のPC群はActive Directoryで管理されていて、同じドメインネットワークに参加している前提になっている。
  • ドメイン環境でなくともPowerShellリモーティングは可能だが、設定が複雑になり、セキュリティに問題が起きるかもしれない。詳しくは、help about_remote_troubleshooting を参考にする。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2018-07-13 (金) 05:48:13 (7d)