編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

MANPATHを指定する

目的

ホームディレクトリ以下など、任意の場所にコマンドとそのmanファイルをインストールする場合に、manコマンドでそのコマンドのmanを参照できるようにする。

方法

前提

  • ここではコマンドはfoo、そのmanファイルはfoo.1とする。
  • さらにfoo.1の設置場所をfoo.1を$HOME/opt/foo/man/man1以下とする。

MANPATH(検索パス)の指定

export MANPATH=$HOME/opt/foo/man:
  • .bashrcなどに上のように記述する。
  • 必ず最後に":"を記述する。もし":"を記述しないと、システム標準のMANPATH(/usr/share/manなど)が検索されなくなり、foo.1以外はmanが見られなくなる。
  • なお、 export MANPATH=:$HOME/opt/foo/man のように最初に":"を記述すると、先にシステム標準のMAPATHを検索した後に$HOME/opt/foo/manを検索するようになる。

manの参照

man foo

manpathの参照

manpath

参考

https://askubuntu.com/questions/197461/how-to-set-manpath-without-overriding-defaults


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2017-11-12 (日) 01:25:55 (34d)