ファイルにvimの設定を埋め込む

モードラインの書き方の具体例

各モードラインの書き方の具体的な例を挙げると、下記のようになります。

「書き方 その1」は「se[t]」を書かかなくても良いのですが、

その行、モードライン以降にvimエディタのオプション以外の余分な文を書くことができません。

「書き方 その2」はモードライン以降に余分な文やコメントを書くことができますが、

「se[t]」と、モードラインを閉じる「:」を書く必要があります。

モードラインの書き方 その1

vim: expandtab fenc=cp932 ff=unix ft=rest

モードラインの書き方 その2

vim: set expandtab fenc=cp932 ff=unix ft=txt :

モードラインの書き方 その2(余分なテキストつき)

vim: set expandtab fenc=cp932 ff=unix ft=txt : # この行はvimエディタのモードラインです。

参考

http://nanasi.jp/articles/howto/file/modeline.html


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2015-10-27 (火) 15:28:50 (1144d)