UEFIブート機構とパーティション構成

概要

  • UEFI環境下のWindows PCは以下のようなNVRAM + ディスクパーティション構成になり、これらを使ってWindowsはブートされる。
  • マザーボード
    • UEFI NVRAM
  • HDD/SSD
    • ESP(Windows Boot Manager + BCD)
    • Microsoftシステム予約パーティション()
    • WindowsのCドライブパーティション(Windows Boot Loader)

0. UEFI NVRAM (CMOS)

  • マザーボード上に不揮発メモリ上に存在
  • マザーボードの機能を設定、利用するための組み込みソフトウェア
  • ブートエントリーを持ち、どのOSエントリー(Windows Boot Manager)を起動するか、保存されている

1. EFIシステムパーティション(ESP/System)

  • HDD/SSD上に存在
  • UEFIからアクセスできるようにFAT32でフォーマットされる
  • ESPはWindowsの一部ではなく、UEFIの仕様によるもの
  • 100MB以上

Windows Boot Manager

  • Windowsを起動するためのUEFIアプリケーション
  • ESP上の、\EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi に存在
  • Windowsをインストールすると、UEFI NVRAMにWindows Boot Managerのエントリーが登録され、優先的にそのWindowsが起動するようになる

BCD

  • Windows Boot Loaderのエントリーを保存するためのファイル
  • Windows Boot ManagerはBCDを読み取り、どのWindows Boot Loaderをどのように起動するか決める
  • ESP上の、\EFI\Microsoft\Boot\BCD に存在
  • 1台のPCに複数のWindowsをインストールする場合、BCDを編集して、Windows Boot LoaderをOSの数だけ増やす

2. Microsoftシステム予約パーティション(MSR/Microsfot reserved partition)

  • Windows10以降のGPTディスクの場合に存在。
  • BitLocker暗号化やシステムの回復ツールなどが作業用など、Windowsのメンテナンスやアップグレードに使用する隠しパーティション
  • MBRで「システムで予約済み」と呼ばれていたパーティション
  • 16MB以上だが、ディスクによって1GB程度になる

3. WindowsのCドライブパーティション (Primary/Windows Boot Loader)

  • Windowsシステムパーティション(Cドライブなど)に存在
  • Windowsを起動するためのアプリケーション

4. 回復環境パーティション(WindowsRE/Recovery tools partition)

  • 障害時などにブートマネージャーを修復したり、Windowsをバックアップから復旧するなど、回復環境(WindowsRE)を使うためのパーティション。
  • USBメモリーのWindowsインストールメディアなど、別の回復環境起動手段があればなくてもいい。
  • 300MB以上

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2018-06-23 (土) 09:31:37 (151d)