* ifの後にコマンド実行して判定 [#j18a2256]

** ifの後にコマンド実行して判定 [#vab02068]

 if echo "123" | grep "2" > /dev/null; then
   echo "FOUND"
 else
   echo "NOT FOUND"
 fi
 
   => FOUND

 if echo "123" | grep "4" > /dev/null; then
   echo "FOUND"
 else
   echo "NOT FOUND"
 fi
  
   => NOT FOUND

- ifの後のコマンド(ここでは echo "123" | grep "2" > /dev/null)が終了コード0を返すので、ifが通る。

** コマンド実行した後に終了コードをifで判定 [#z1896916]

 echo "123" | grep "2" > /dev/null
 
 if [ $? -eq 0 ]; then
   echo "FOUND"
 else
   echo "NOT FOUND"
 fi
  
   => FOUND

** ifの後の条件判定を逆にする(偽を通す) [#n68e119c]

 if echo "123" | grep "4" > /dev/null; [ $? -ne 0 ]; then
   echo "NOT FOUND"
 fi
 
   => NOT FOUND

*** Bashの否定演算子 ! を使う [#xcc85e01]

 if ! echo "123" | grep "4" > /dev/null; then
   echo "NOT FOUND"
 fi
 
   => NOT FOUND


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS