mono-3 インストール

前提

  • OS: Linux CentOS 6.3
  • インストール先: /opt/mono以下
  • Apacheをインストールしておく

ソースコード取得

ソースコード保存場所

mkdir -p /opt/src/mono
cd /opt/src/mono

GitHub

git clone git://github.com/mono/mono.git 
git clone git://github.com/mono/xsp.git 
git clone git://github.com/mono/libgdiplus.git 
git clone git://github.com/mono/mod_mono.git

mono-project

wget http://download.mono-project.com/sources/mono/mono-3.2.0.tar.bz2

ライブラリパス追加

echo /opt/mono/lib > /etc/ld.so.conf.d/mono.conf

コマンドサーチパス追加

vi ~/.bashrc
export PATH=/opt/mono/bin:$PATH
source ~/.bashrc

libgdiplusインストール

./autogen.sh --prefix=/opt/mono 
make 
make install
ldconfig

monoインストール

./autogen.sh --prefix=/opt/mono
make
make install
ldconfig
  • GitHubから取得した最新のソースコードでmakeでエラーになる場合は、mono-projectから取得したソースコードをまずインストールして、その後、GitHubのソースコードをインストールし直す。
  • mono-projectから取得するソースコードはmono 2系でもいいかもしれない。

xspインストール

PKG_CONFIG_PATH=/opt/mono/lib/pkgconfig ./autogen.sh --prefix=/opt/mono
make
make install
ldconfig

mono + xspの動作確認

ASPXファイルを作る

cat > index.aspx
<%@ Page Language="C#" %>
<html>
<head>
  <title>Sample Calendar</title>
</head>
<asp:calendar showtitle="true" runat="server">
</asp:calendar>

xspを起動

xsp4 --port=8080

↓ 上手く動かない時はログを出す

MONO_LOG_MASK="asm" MONO_LOG_LEVEL="debug" xsp4 --port=8080 --verbose

動作確認

- ブラウザで以下のようなURLを確認する。
- http://192.168.0.100:8080/index.aspx

mod_mono インストール

./autogen.sh --prefix=/opt/mono
make
make install

Apacheの設定と起動¥

mod_monoの設定

vi /etc/httpd/conf.d/mod_mono.conf
# mod_mono.conf

# Achtung! This file may be overwritten
# Use 'include mod_mono.conf' from other configuration file
# to load mod_mono module.

<IfModule !mod_mono.c>
    LoadModule mono_module /usr/lib/httpd/modules/mod_mono.so
</IfModule>

<IfModule mod_headers.c>
    Header set X-Powered-By "Mono"
</IfModule>

AddType application/x-asp-net .aspx
AddType application/x-asp-net .asmx
AddType application/x-asp-net .ashx
AddType application/x-asp-net .asax
AddType application/x-asp-net .ascx
AddType application/x-asp-net .soap
AddType application/x-asp-net .rem
AddType application/x-asp-net .axd
AddType application/x-asp-net .cs
AddType application/x-asp-net .vb
AddType application/x-asp-net .master
AddType application/x-asp-net .sitemap
AddType application/x-asp-net .resources
AddType application/x-asp-net .skin
AddType application/x-asp-net .browser
AddType application/x-asp-net .webinfo
AddType application/x-asp-net .resx
AddType application/x-asp-net .licx
AddType application/x-asp-net .csproj
AddType application/x-asp-net .vbproj
AddType application/x-asp-net .config
AddType application/x-asp-net .Config
AddType application/x-asp-net .dll
DirectoryIndex index.aspx
DirectoryIndex Default.aspx
DirectoryIndex default.aspx

MonoAutoApplication disabled
MonoServerPath "/opt/mono/bin/mod-mono-server4"
MonoApplications default "/myapp:/home/taro/work/myapp"

<Location /myapp>
    SetHandler mono
    MonoSetServerAlias default
</Location>

Apacheの起動

service httpd restart

ASP.NET MVC 4の確認

サンプルアプリケーションの作成

  • VisualStudioを起動。
  • メニューから"新しプロジェクト"を開く。
  • ダイアログが開くので、最上部の".NET Framework 4"を選ぶ。
    • (.NET Framework 4.5は出来たアプリが上手く動作しなかった。)
  • "インストール済み"→"Visual C#"→"Web"を選び、"ASP.NET MVC 4 Web アプリケーション"を選ぶ。
  • "プロジェクトテンプレート"で"空"を選ぶ。
  • "OK"を押す。
  • ソリューションエクスプローラーから"Controllers"を右クリックして、"追加"で"コントローラ"を選び、"HomeController"クラスを作成する。
  • HomeControllerクラスのIndexメソッドを右クリックして、"ビューの追加"を選び、ビューを追加する。
  • サンプルアプリケーションが出来る。

サンプルアプリケーションの発行

  • メニューの"ビルド"から"発行"を選ぶ。
  • ダイアログが開くので、"発行プロファイル"で"新規"を選択する。
  • 以下のように設定する。
  • "接続の確認"を押下して接続を確認する。
  • "発行"ボタンを押下して発行する。

サンプルアプリケーションの確認

4.5 GAC のバグ?


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2013-07-29 (月) 05:08:13 (2444d)