256色対応

screenのコンパイル

./configure --enable-colors256 

256色対応のterminfoの準備

Linux

/usr/share/terminfo/以下を見て、256色のterminfoが無さそうなら、ncurses-termをインストールする。

FreeBSD

$HOME/.termcapを以下の内容で作成する。詳しくはman terminfo。

xter-256color:\
       :Co#256:pa#256:AB=\E[48;5;%dm:AF=\E[38;5;%dm:tc=xterm-xfree86:
  • infocmp -C xterm を実行するとtermcap情報が取得出来る。

screenの起動

環境変数TERMに256色ターミナルを指定して、screenを起動する。

TERM=xter-256color screen

もしくは、$HOME/.screenrcに以下の設定を追記して、screenを起動する。(ターミナルがxtermの場合)

termcapinfo xterm 'Co#256:pa#32767:AB=\E[48;5;%dm:AF=\E[38;5;%dm'

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2010-07-03 (土) 08:49:16 (3083d)