Vimインストール Windows向け

概要

  • vim.orgからWindows向けのVimを入手してインストールする
  • 日本ではKaoriyaのVimを使っている人も多いと思うが、普通に本家のvim.orgのVimでいいと思う

インストーラーの入手

インストーラーの実行

  • exeファイルをダブルクリックして、ウィザードを起動する
  • インストールオプションを指定するが、そのままでよいと思うが、今回は”Create icons on the desktop"のチェックを外した。次へ。
  • Key mappingとMouse behaviorを選択できるが、Defaultでいいと思う。多分、あとで.vimrcなどで設定可能だと思う。次へ。
  • インストール先のフォルダーの指定。デフォルトでは、C:\Program Files (x86)\Vim だけれど、変えた方が無難な気がする。将来的にVim以下に設定ファイルなどを作ることを考慮すると、C:\Program Filesのような書き込みに特権が必要なフォルダーは避けた方がいい。今回はC:\Vimにする。Installボタンを押下。
  • インストールが終わったら、Closeでウィザードを閉じる。

Vimの初期設定

インストール先のファイル構成

C:\Vim\
  vim81\  # vim.exeやgvim.exeのような本体の実行ファイル、autoloadやcolorsのようなランタイム、設定フォルダーが含まれる
  _vimrc  # デフォルトの設定ファイル(Unix系の.vimrc相当)

コマンドサーチPathの設定

PS> cmd
CMD> setx PATH "%Path%;C:\Vim\vim81"
  • デフォルトではPathに追加されてないので、自分で追加する。追加しなくても使えるが、WindowsでもVimはコマンドラインから起動することが多いので、追加する方がいいだろう。
  • ちなみに、C:\VimをPathに加えるより、vim.exeやgvim.exeのラッパーBatを別の場所に作って、そのBatをPathに加える方がいいかもしれない。今回は面倒なのでしない。
  • PowerShellから設定するには、上のようにする。(しかし、なぜPowerShellには環境変数を設定するコマンドレットがないんだろう?)
  • もしくはWIN+Sキーを押して、sysdm.cpl と入力して、システムの詳細設定->環境変数を開き、Pathに追加する。
  • タスクマネージャーを起動して、エクスプローラーを再起動する。もしくはPCを再起動する。環境変数がシェルに反映されるので、PowerShellを起動して、gvim.exe と入力して、Vimが起動するのを確認する。

vimrcファイルの読み込み場所の確認

:version
  • Vimを起動して、:versionでvimrcの読み込み順を確認する。

vimrcファイルの設置

  • 上の読み込み場所の確認で分かるように、C:\Vim\_vimrcかC:\Vim\Vimfiles\_vimrcにファイルを作るのがよいだろう。(加えて、_gvimrcも)
  • インストール時に作成された_vimrcファイルは削除するか、リネームして退避させておく。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2018-06-12 (火) 01:27:40 (128d)