ディスクドライブの追加

概要

  • 仮想OSにディスクドライブを追加する。
  • Hyper-V 2.0以降は仮想OSがWindows系なら仮想OSを起動したままディスクを追加できる。(SCSIコントローラーの場合)

手順

1. Hyper-Vサーバ上でSCSI(IDE)コントローラーに新しいディスクドライブを追加

  • Hyper-Vサーバにログインして、Hyper-Vマネージャーを起動する。
  • 当該の仮想マシンを選択して、右クリック→設定を選ぶ。
  • 仮想マシンの設定ダイアログが開くので、左ペインのハードウェアの中からSCSIコントローラーを選ぶ。(SCSIコントローラーがなければIDEコントローラーを選ぶ)
  • SCSIコントローラーの項目の中に「ハードドライブ」「DVDドライブ」「共有ドライブ」などがあるので、ハードドライブを選び、追加ボタンを押す。

2. Hyper-Vサーバ上で仮想ディスクを作成

  • 左ペインのSCSIコントローラーツリーの中に新しくハードドライブができ、その設定を行えるようになる。
  • 「コントローラー」は「SCSIコントローラー」、「場所」は使用中でない番号を選ぶ。
  • 「メディア」の「仮想ハードディスク」の項目で、「新規」ボタンを押す。(既存ディスクがあればそれを参照してもいい)
  • 仮想ディスクの作成のダイアログが開くので、ウィザードにしたがって仮想ディスクを作成する。
  • ウィザードを終えると、元の仮想マシン設定ダイアログに戻るので、OKを押して仮想マシン設定ダイアログを閉じる。

3. 仮想OS上でディスクを認識

  • この時点で仮想ディスクはHyper-Vサーバ上に出来ているが、仮想マシン上ではディスクを認識していないので、ディスクの初期化とマウントを行う。
  • 仮想マシンにログインして、ディスクの管理ツールを起動する。(WIN+Rを押して、diskmtmt.mscと入力して、エンターキーを押す)
  • ディスクの管理ツールのウィンドウが開くと、先ほど作ったディスクのステータスが不明なので初期化を促されるので、初期化する。
  • (もし何もアクションがなければ、ディスクがオンラインであることを確認して、そうでなければオンラインにして、初期化する)
  • 初期化したディスクのパーティションを選び、右クリック→新しいシンプルボリュームを選び、パーティションの作成とフォーマット、ドライブレターの割り当てを行う。
  • ドライブレターの割り当てが終わると、ファイルエクスプローラーで作成したディスクを確認できる。

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2019-02-12 (火) 04:53:43 (417d)