スタートアップ修復(MBR修復)

Windows RE(リカバリ環境)でスタートアップ修復を行う

  • PC内蔵ディスク内の回復ディスクを起動できるなら、起動して、Windows RE(リカバリ環境)に入る。
  • 回復ディスクが利用できないなら、Windowsのインストールディスク(USBメモリやDVDなど)を用意し、それで起動して、Windows REに入る。
    • インストールディスクを使う場合、インストール開始時に言語、時刻、キーボードなどを選択した後、次に進み、そこでインストールせず「コンピュータの修復」を選ぶ。
  • 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ修復」を選ぶ。
  • スタートアップ修復できればOK。失敗したら、以下の方法を試す。

Windows REでコマンドプロンプトからBootrec.exe ツールを実行する

  • Windowsのインストールディスクから起動して、Windows RE(リカバリ環境)に入る。
  • システム回復オプションからコマンドプロンプトを起動する。

1. インストール済みのOSの確認

bootrec.exe /scanos
↓(以下のようなメッセージが表示される)
Windowsのインストールのスキャンは成功しました。
Windowsのインストールとして認識された合計数:2
[1] D:\WIndows 
[2] C:\Windows
  • インストール済みのWindowsが認識できないなら、以下の2点を確認する。
  • 1. PCのBIOS設定に入り、ディスクを認識している事を確認する。
  • 2. コマンドプロンプトからdiskpartコマンドを実行し、ディスク・ボリュームの状況を確認する。

2. MBR・ブートセクタの修復

bootrec.exe /fixmbr
bootrec.exe /fixboot

上のコマンドを実行後、exitして、PCを再起動する。これで起動できればOK。ダメなら、次の方法へ進む。

3. 完全に BCDストアを再構築する

bootrec.exe /rebuildbcd
  • 上のコマンドを実行後、インストール済みのWindowsすべてについてBCDストアへの登録を問われるのでYESまたはNOを選ぶ。
  • この後にPC再起動してブートマネージャーが見つからないようなら、スタートアップ修復を再度試す。

補足:MBR/BCDを置くパーティションが存在しない場合

  • 新しいディスクを用意してPCに設置する。
  • Windows RE環境からコマンドプロンプトでdiskpartコマンドでMBR/EFIパーティションを作る。(が、新しいディスクにWindowsをインストールしてしまった方が早いかもしれない。)

補足:Bootsect.exeについて

  • Bootrec.exeはWindows REにしかない。通常のWindowsにはない。
    • WindowsのインストールディスクはMS公式で試用版が入手できる。面倒でなければ、そこからダウンロードして、USBメモリなどをブータブルディスクにすればいい。
  • 代わりに、通常のWindows(もしくはWindows PE)にはBootsect.exeはあるので、ブートローダーを修復するだけならBootsectで行える。しかし、BootsectはMBRの修復やBCDストアの再構築はできない。

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2018-06-23 (土) 18:30:35 (26d)