編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

MSYS2インストール

インストール

  • 以下のウェブサイトにアクセスする。
  • http://msys2.github.io/
  • 64ビットWindowsなら[x86_64]、32ビットWindowsなら[i686]を選び、インストーラー(.exe)をダウンロードする。
  • インストーラーを実行すると、ウィザード形式でインストールが進む。
  • 既定ではC:\msys64にすべてのファイルがインストールされる。
    • たいていの人がCドライブ直下にインストールしてるようなので、そのままで良いだろう。

起動

  • スタートメニューには以下のようなショートカットが作成されるので、これを使って起動する。
    • "MSYS2 MinGW 32-bit.lnk"
    • "MSYS2 MinGW 64-bit.lnk"
    • "MSYS2 MSYS.lnk"
  • 簡単に使う分にはどれを使ってもよいが、
  • MSYS2環境でUNIX系のコマンドを利用するだけなら、[MSYS]を使う。
  • Windows用の実行ファイルをコンパイルするのなら、[MinGW 32-bit]もしくは[MinGW 64-bit]を使う。
msys2_shell.bat
PATHは/bin(すなわちMSYS2バイナリ)のみ。
mingw32_shell.bat
PATHに/mingw32/binが追加される。
mingw64_shell.bat
PATHに/mingw64/binが追加される。

インストール直後のセットアップ

  • パッケージデータベースおよびpacmanの更新
    pacman -Sy pacman
  • MSYS2を閉じて、起動しなおし、
  • コアシステムパッケージの更新
    pacman -Syu
  • MSYS2を閉じて、起動しなおし、
  • 残りのパッケージの更新
    pacman -Su

インストール説明

http://msys2.github.io/

パッケージ管理 pacman について

最初にインストールしておくべきパッケージ

開発ツール

pacman -S base-devel
pacman -S msys2-devel
pacman -S mingw-w64-i686-toolchain
pacman -S mingw-w64-x86_64-toolchain

その他

pacman -S openssh
pacman -S vim
pacman -S git
pacman -S tmux

参考

https://sourceforge.net/p/msys2/wiki/Contributing%20to%20MSYS2/

アンインストール

  • コントロールパネルからアンインストールを実行する。
  • 上の例でいうと、C:\msys64は削除される。
  • アンインストールが失敗した場合は自分でC:\msys64を削除する。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2016-12-28 (水) 01:53:22 (294d)