WordPress ウィジェット作成

前提

  • ウィジェットはプラグインの一種。

ウィジェット作成方法

ウィジェットファイルのひな形を作成

  • wp-content/plugins以下に任意のフォルダ名でフォルダを作成する。
  • 任意のファイル名でPHPファイルを作成する。

ウィジェットファイルの記述

  • wp-includes/default-widgets.phpを参考にして、以下のメソッドを持つようなクラスを記述する。
  • コンストラクタの第1引数はウィジェットプラグイン名としてユニークなものにする。
<?php
/*
Plugin Name: (プラグインの名前) ※必須
Plugin URI: (プラグインの説明と更新を示すページの URI)
Description: (プラグインの短い説明)
Version: (プラグインのバージョン番号。例: 1.0)
Author: (プラグイン作者の名前)
Author URI: (プラグイン作者の URI)
License: (ライセンス名の「スラッグ」 例: GPL2)
*/
class MyNewWidget extends WP_Widget {

	function MyNewWidget() {
		// Instantiate the parent object
		parent::__construct( false, 'My New Widget Title' );
	}

	function widget( $args, $instance ) {
		// Widget output
	}

	function update( $new_instance, $old_instance ) {
		// Save widget options
	}

	function form( $instance ) {
		// Output admin widget options form
	}
}

function myplugin_register_widgets() {
	register_widget( 'MyNewWidget' );
}

add_action( 'widgets_init', 'myplugin_register_widgets' );

ウィジェットの有効化

  • 管理画面にログインする。
  • メニューのプラグインを開き、上で作成したウィジェットプラグインを有効化する。
  • メニューの外観→ウィジェットを開き、「利用できるウィジェット」に上で作成したウィジェットを確認する。

参考

WP_Widgetクラス

http://phpdoc.wordpress.org/tags/3.6/WordPress/Widgets/WP_Widget.html


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2014-09-09 (火) 05:32:10 (1554d)