MySQL公式yumリポジトリからRPMでインストール

MySQL公式yumリポジトリの設定

yumリポジトリ設定パッケージの取得とインストール

  • 以下のURLを開く。
  • パッケージ一覧のリンクがあるので、自分のOSにあったパッケージを探して、Downloadボタンを押下する。
    • 今回はOSをCentOS 7とする。Red Hat Enterprise Linux 7 / Oracle Linux 7 (Architecture Independent), RPM Package を選んだ。
  • "Begin Your Download"というダウンロードを開始する画面が表示される。Oracleのアカウントを要求されるが、アカウントを作らなくてもダウンロードできる。LoginボタンやSign Upボタンではなく、"No thanks, just start my download."というリンクを押下する。
  • RPMパッケージをダウンロードしたら、rpmコマンドでインストールする。
wget http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm
sudo rpm -ivh install mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm

yumリポジトリ設定の修正

  • RPMパッケージをインストールすると、デフォルトでいくつかのリポジトリが有効になっている。
    • /etc/yum.repos.d/mysql-community.repo
    • /etc/yum.repos.d/mysql-community-source.repo
  • 必要に応じて無効にするなどする。
  • 無効にするには上のファイルの"enabled=1"の行を"enabled=0"にする。
  • どのリポジトリ(サブリポジトリ)が有効・無効になっているかは以下のコマンドで確認する。
yum repolist all | grep mysql

MySQLのインストール

リポジトリを指定してMySQLパッケージを検索

yum search --enablerepo=mysql57-community mysql

リポジトリを指定してMySQLパッケージをインストール

yum install --enablerepo=mysql57-community mysql-community-client \
  mysql-community-common mysql-community-devel mysql-community-server

MySQLサーバの起動

sudo systemctl start mysqld.service   # 起動(CentOS 7)
sudo systemctl status mysqld.service  # 起動確認(CentOS 7)

rootパスワードの設定

現在のパスワードの確認

sudo grep 'temporary password' /var/log/mysqld.log

MySQLサーバへログインしてパスワードを変更(ポリシー変更)

mysql -uroot -p

mysql> SET GLOBAL validate_password_length=6;
mysql> SET GLOBAL validate_password_policy=LOW;
mysql> ALTER USER 'root'@'localhost' IDENTIFIED BY 'testtest'

参考

http://dev.mysql.com/doc/mysql-yum-repo-quick-guide/en/


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2017-07-23 (日) 19:33:43 (755d)