PuTTYのセッションを使ってSSH接続する

1. 前提・準備

  • TortoiseSVNは、TortoisePlink.exeが同梱されており、標準ではこれを使ってSSH接続する。
    • C:\Program Files\TortoiseSVN\bin\TortoisePlink.exe
  • TortoiseSVNのTortoisePlink.exeはPuttyのplink.exeとセッションを共用できる。
  • したがって、普段、PuTTYを使ってSSHを利用しているなら、TortoiseSVNでもPuTTYのセッションを共用すると便利が良い。
  • ただし、PuTTYは、INIファイルではなく、レジストリに設定を保存するPuTTYを用意する。

2. PuTTYの設定

  • PuTTYを起動して、SVNサーバに接続する設定を作り、セッションとして保存する。
  • ここではmy-svn-sessというセッション名とする。

3. TortoiseSVNの設定

  • ファイルエクスプローラーを起動して、適当なスペースを右クリックして、[TortoiseSVN] -> [Settings]を選ぶ。
  • Settingsウィンドウが開くので、左ペインより[network]を選び、中の[SSH client]に以下のように入力する。(もしくはBrowseボタンを押下して、TortoisePlink.exeを探して選ぶ。)
  • C:\Program Files\TortoiseSVN\bin\TortoisePlink.exe

4. TortoiseSVNによるSSH経由のリポジトリアクセス

  • ファイルエクスプローラーを起動して、適当なスペースを右クリックして、[TortoiseSVN] -> [Repo-browser]を選ぶ。
  • URLを促すダイアログが開くので、以下の例のように入力する。
    • ここでは、
    • セッション名 my-svn-sess
    • SVNサーバ上のパス /var/sv/my-repos
  • セッション名にスペースが含まれていると正常に動作しないようだ。スペースの代わりに-などの文字に置き換えてセッションを保存しなおす。
svn+ssh://my-svn-sess/var/svn/my-repos

補足 INIファイルを使うPuTTYのセッションを利用したい場合

  • 多分、TortoiseSVNのTortoisePlink.exeはINIファイルに対応してない。
    • TortoisePlink.exeの全オプションは、コマンドラインから C:\Program Files\TortoiseSVN\bin\TortoisePlink.exe を実行すると表示される。
  • なので、TortoiseSVNのSettingsで、自分でインストールしたINIファイル対応のplink.exeを指定する。
  • これで、TortoiseSVNでSSH接続すると、そのplink.exeが呼び出される。
  • が、その際にセッション情報を保存してあるINIファイルを読んでくれるかどうかは、そのplink.exeの実装次第だと思う。未検証なので分からない。
  • それにPuTTYのplink.exeはSVNがプロセスが作るたびにDOSウィンドウが開くので、かなり見た目が悪い。

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2018-02-19 (月) 23:45:19 (295d)