Robocopy ログ

ログファイルを指定

Robocopy.exe C:\src D:\dst /np /log:"C:\tmp\robo.log" /tee
/log:<LogFile>ステータスをログ ファイルに出力します。( 既存のログ ファイルを上書きします。)
/log+:<LogFile>ステータスをログ ファイルに出力します。( 既存のログ ファイルに追記します。)
/npコピー操作 (これまでにコピーされたファイルやディレクトリの数など) の進行状況を表示しないよう指定します。
/teeステータスをログ ファイルに出力するだけでなく、コンソール ウィンドウにも出力します。
  • 大きなファイルをコピーすると進行状況が逐一にログファイルに書かれて見づらくなるため、/npを一緒に指定する。
  • ログファイルを追記する場合は/log+:"C:\tmp\robo.txt"とする。新規作成も兼ねるので、存在しないログファイルを指定してもOK。
  • /logを指定すると画面出力されなくなるので、ログファイルに書き込みつつ、画面でも確認するなら、/teeを指定する。Unixのteeコマンドみたいな動作。

ログ例

ファイル構成

以下のようなファイル構成とする。

├─dst
│      test1.txt
│      test2.txt
│
└─src
        test1.txt
        test2.txt
        test3.txt
  • src\test1.txt dstと同じ
  • src\test2.txt dstより新しい
  • src\test3.txt dstにはない

実行時のログ

C:\Users\user\tmp>robocopy ".\src" ".\dst"

-------------------------------------------------------------------------------
   ROBOCOPY     ::     Windows の堅牢性の高いファイル コピー
-------------------------------------------------------------------------------

  開始: 2015年5月23日 21:32:55
   コピー元 : C:\Users\user\tmp\src\
     コピー先 : C:\Users\user\tmp\dst\

    ファイル: *.*

  オプション: *.* /DCOPY:DA /COPY:DAT /R:1000000 /W:30

------------------------------------------------------------------------------

                           3    C:\Users\user\tmp\src\
100%            新しい                 4        test2.txt
100%      新しいファイル                       0        test3.txt

------------------------------------------------------------------------------

                  合計     コピー済み      スキップ       不一致        失敗    Extras
   ディレクトリ:         1         0         0         0         0         0
     ファイル:         3         2         1         0         0         0
      バイト:         4         4         0         0         0         0
       時刻:   0:00:00   0:00:00                       0:00:00   0:00:00
   終了: 2015年5月23日 21:32:55

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2017-07-30 (日) 15:16:45