.npmrcファイルのパス - Windows

3つのNPMRCファイルのデフォルトのパス

グローバルのNPMRCファイル

 C:\Users\%username%\AppData\Roaming\npm\etc\npmrc

ユーザーごとのNPMRCファイル

 C:\Users\%username%\.npmrc

ビルトインのNPMRCファイル

 C:\Program Files\nodejs\node_modules\npm\npmrc

現在のNPMRCファイルのパス

 npm config set foo=bar     (1)
 npm config -g set foo=bar  (2)
  • (1)でユーザーごとの(なければ)NPMRCファイルがfoo=barの内容で作成されるので、デフォルトのパスを参考にして、どこに作成されてるか確認する
  • (2)でグローバルのNPMRCファイルが更新されるので、同様に確認する

ユーザーごとのNPMRCファイルのパスを環境変数で指定する

 > $env:NPM_CONFIG_USERCONFIG = "c:\npm\_npmrc" (1)
 > npm coinfig set foo=bar
   c:\npm\_npmrc                                (2)
  • (1) 環境変数NPM_CONFIG_USERCONFIGでNPMRCファイルのパスを指定すると、
  • (2) 指定した場所にファイルができる

Windowsで環境変数を永続的に設定する

 > notepad $profile
$env:NPM_CONFIG_USERCONFIG = "C:\npm\_npmrc"
  • 上のようにPowerShellのプロファイルで指定するか、
  • システムのプロパティ(WIN-R → sysdm.cpl)を開いて、詳細設定→環境変数で指定する

NPMパッケージのルートディレクトリ

> cd c:\source\my-project             # (0)
> npm root                            # (1)
C:\source\my-project\node_modules
> npm root -g                         # (2)
C:\Users\%username%\AppData\Roaming\npm\node_modules
  • (0) プロジェクトフォルダに入る(ここではc:\source\my-projectとする)
  • (1) そのプロジェクトのルートディレクトリのパス
  • (2) グローバルのルートディレクトリのパス

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2021-03-21 (日) 18:57:12